24時間受付中 ネット予約はこちら
医院案内・アクセス
Facebook
病気になったら歯医者に行こう
信頼のドクター
覚悟の瞬間 三浦歯科医院 三浦靖

歯周病

歯周病とは

歯の表面に付いた細菌とその毒素により出来ている歯垢が、 歯と歯肉の境目に付着すると、 歯肉が腫れて出血するようになります。

「歯肉炎」この段階であれば、歯磨きを正しく 充分行っていれば、治癒します。

放っておくとそれが進行し、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて きて、 歯と歯肉の間の隙間(歯周ポケットと言います)がどんどん深くなり、「歯槽膿漏」になります。この段階では、歯磨きだけでは治らず、歯石を取ったり、歯槽膿漏の手術が必要になってきます。

さらに進行すると、どうにもならなくなり、歯が抜けてしまいます。

歯周病は殆どが痛みが無く進行するために放置され、 異常を感じて歯医者にかかった時はすでに手遅れである場合も少なくありません。
歯周病は、初期の段階では、完治することが出来る病気です。
ある程度進行しても現在の医療技術を用いれば、 適切な治療とその後本人の努力次第で、 抜かずに済む場合も増えてきましたが、初期であればあるほど、 歯の寿命は延びますので半年に1回は、定期検診を受けることをお勧めします。

歯肉炎

中等度歯周病

進行した歯周炎

歯周病の原因

歯周病の原因は「歯垢」です。

歯垢は細菌の固まりのようなもので、 歯垢のだす毒素や酸素により歯肉に炎症が起き、 歯槽骨が溶けていくのが、歯槽膿漏ですから、その歯垢を取り除く歯磨きの仕方が、最も大切になります。

歯周病の予防

自分ではきれいに磨けているつもりでも、実はあまりよく磨かれていない方が、非常に多くみられます。また歯磨き指導を受けて、ある程度きれいに磨けるようになったと言う方でも、 しばらくすると、ちょっとずつ手を抜いてくる傾向があるようです。

歯磨き指導のプロである、歯科衛生士の指導を定期的に受けることをお勧めします。衛生士が

  • 歯ブラシの選び方、
  • 歯ブラシの使い方、
  • 歯ブラシでは磨けない歯と歯の間を磨く、
  • 糸ようじや歯間ブラシの使い方、
  • 歯磨きの方法

などを指導します。
歯肉の形が悪かったりして、歯周病に対して抵抗力のあまり無い歯肉の方には、別のところから歯肉を移植して歯周病にかかりにくくします。

歯周病と噛み合せ

歯周病が進行している9割以上の方が、噛み合せが悪いようです。噛み合せの悪さが、歯に過大に負担をかけて、 歯周病を悪化させていると思われます。また、噛み合わせが悪いと歯周病の他にも、様々な悪影響が生じます。

噛み合わせを良くすることは、歯周病だけでは 無く、健康のために重要です。

歯周病を増悪させる因子

喫煙は、歯周組織に悪影響を及ぼします。血管が収縮し、 血液の循環が悪くなるめに免疫力が低下し、抵抗力が弱まる ためと考えられます。

糖尿病は、細菌の活動を活発にし、組織の抵抗力が、弱まるため歯周病を悪化させます。

ストレスは、免疫力を低下させます。ストレスの多い現代社会では、うまくストレスを発散するよう心がけましょう。

噛みしめや歯軋りは、異常な力が歯周組織にかかります。

噛み合わせを治すか歯を保護するナイトガードを装着すべきです。

歯周病が体に与える影響

歯周病菌が心臓病や肺に感染し、重大な疾患を起こすことがあります。
特に寝たきりの方が起こす肺炎は、歯周病が原因と言われ、それが原因で死に至ることもよくあります。
歯周病で良く噛めなくなると、胃腸障害を起こしやすくなります。

また、歯が抜けて噛み合わせが悪くなると、頭痛や肩凝り、腰や膝の痛みが生じる場合がよくあります。その他にも様々な不快症状を示す場合があります。

歯周病の治療

歯周病の治療は、患者さんに理解、納得して頂いて、歯科医、歯科衛生士と一緒になって協力してやっていく必要があります。

その基本となり最も重要なものがプラークコントロールです。
プラークコントロール
ができなければ、歯周病は決してよくならないのです。
歯垢を放置しておくと石灰化し歯石となります。
歯石
が沈着した場合は歯石の除去を行います。
器具を使って歯石と共に歯肉の病気になった部分も取り除きます。

ぐらぐらする歯がある場合、噛み合わせの調整を行い、場合によってはボンドで歯と歯をつないで、 歯の負担を軽くするような処置も行う場合があります。

このような治療で治らない場合は、歯槽膿漏の手術を行います。
歯肉を切ってはがし、外からは取ることができなかった歯石を取ります。
また、中の骨を歯槽膿漏が進行しにくいような形に整えたりします。

従来の歯周病の治療は、原因を除去して歯周病が、これ以上進行しないようにするもので、いったん失われた歯周組織(歯を支える骨など)は、元どうりにならないと言われていましたが、最近では歯周組織を元どうりにもどす手術が開発されました。

(歯科界では再生療法と言われています。) ただし、すべての場合で元どうりになるわけではなく、回復しないような症例もあります。

このことからも歯周病にならないように予防することが、最も重要なことと理解していただけると思います。

047-326-7408
メールでのお問い合わせ